2010年03月29日

兄との再会願う「桜葬」…福知山線事故から5年(読売新聞)

 JR福知山線脱線事故で亡くなった会社員菅尾吉崇さん(当時31歳)の母親の美鈴さん(61)と、妹の美和さん(30)(神戸市東灘区)が28日、神戸市北区の霊園で、桜の木の下に納骨する「桜葬」を行った。

 納骨時に使おうと、美鈴さんとともに思い出の地の砂を集めてきた美和さん。「お兄ちゃん、お母さんは私が守るからね」。来月25日で事故から丸5年を迎えるのを前に、つぼみをつけたソメイヨシノの下で、優しかった兄に語りかけた。

 事故後、美鈴さんは「息子らしい形で葬ってやりたい」と、遺骨を自宅に安置していた。神戸市北区の霊園で桜葬を受け付けているのを知り、「土に返り、満開の桜となった吉崇に会える」と納骨することを決断したという。

 家族で旅した淡路島、一緒に行く予定だったハワイ……。美鈴さんが思い出の地の砂を集め始めた頃、美和さんは兄の留学先の米・サンフランシスコへ。事故後、追悼詩集を送ってくれた友人の米国人男性らに面会し、現地の砂を持ち帰った。

 仲の良いきょうだいだった。自宅近くのバーで一緒に酒を飲み、美和さんが酔いつぶれるとおぶってくれたという。そんな美和さんが事故後、支えにしたのは、高校2年の時、サンフランシスコに留学中の吉崇さんから届いたクリスマスカード。<お母さんに優しくしてあげてください>。兄の遺言のように思えた。

 この日午後、美和さんと美鈴さんは肩を寄せ合い、桜の根元近くにある30センチ四方の区画の土に遺骨を埋めた。涙があふれたが「また会いに来るね」と伝え、サンフランシスコなど15か所の土地の砂を茶わんに入れ、お香を立てた。

 「母を安心させたいと、素直に思えるようになった」という美和さん。美鈴さんも「吉崇もこれでいいよと、喜んでくれたと思う」と目を潤ませた。

爆発 建設中のごみ処理施設で 4人重傷 4人けが 姫路(毎日新聞)
<ネット人権侵害>過去最多を更新 前年比52%増(毎日新聞)
胴体に針金?食い込む、脚ひきずる野犬(読売新聞)
小林千代美議員、離党も辞職もせず…会見で表明(読売新聞)
足利事件無罪、裁判長の謝罪の言葉=全文(読売新聞)
posted by ヨシザワ キヨハル at 13:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。