2010年04月21日

天下りの塔 事業仕分けにため息…農水26法人が入居(毎日新聞)

 中央省庁が集まる東京・霞が関にほど近い港区内に、公務員OBらが「天下りの塔」と呼ぶビルがある。3月時点で農林水産省所管の26公益法人が入居し、その一つの財団法人が所有・管理する。このうち25法人に98人が役員として天下り、国から流れ込む補助金なども13法人で約800億円と巨額だ。事業仕分けを前にビル内を歩くと、「天下り法人」に対する批判への反発とあきらめの声が交錯していた。

 「三会堂ビル」(地下3階地上9階建て)。明治16(1883)年、大日本農会、大日本山林会、大日本水産会の合同事務所として開設され、8年後に現在地に移った。3団体はそれぞれの分野で最も歴史のある社団法人で、「三会」とも呼ばれる。ビルには他省庁所管の公益法人や企業も入るが、多くは農水関係の公益法人だ。

 大日本水産会には昨年9月、汚染米事件で引責辞任した白須敏朗・前農水次官が常勤の会長として就任。会長の報酬は年1860万円。ある理事は「三会は『特権さん』の天下りの指定席」と話す。

 ビルを所有する財団法人・農林水産奨励会の設立目的も「三会」の3法人の支援だ。奨励会が08年度に受け取った賃料約15億円のうち約1億6000万円は、助成金として3法人に還流された。

 総務省公表の資料によると、26法人中17法人は専務理事など同じポストへの天下りが5代以上続く。ビルの法人同士で役員を兼任し合うケースもある。

 だが、公益法人改革の荒波はこのビルにも押し寄せる。昨年の事業仕分けでは、大日本水産会が保有する「漁船漁業構造改革総合対策基金」など3基金が「ため込む必要はない」という批判を浴びて廃止され、約620億円を国庫に返納することが決まった。農業後継者を紹介する番組を制作していた農林放送事業団は3月に解散。元幹部は「事業仕分けも怖かったが、農水省からの補助金が減った」と理由を説明する。

 批判を受ける法人の理事は「必要な事業と思っている」と語気を強める。だが、奨励会の幹部は「空き室が埋まらない状況で経営は厳しいが、どの団体もスリム化を迫られ、賃料の値上げなどできない」。ある法人の幹部は「解散を検討している」と明かした。【三沢耕平】

【関連ニュース】
浄化槽設備士センター:別法人に業務大半丸投げ 天下りも
天下り:資格試験委託の公益法人で9割超 仕分けの対象に
浄化槽設備士:財団法人、国家資格業務丸投げ 役員5人天下り
岐路の夏:09衆院選 天下り根絶、ほど遠く 受け皿業者100社アンケート
独立行政法人仕分け:57の研究系統合 天下り先の管理部門、人件費削減へ

「帝国の残滓」…参政権は旧植民地の権利(産経新聞)
<国勢調査>ネット回答方式は東京都で実施(毎日新聞)
<ネット中傷>接続業者の責任は限定的…最高裁が初判断(毎日新聞)
妻「悲しみ、言葉にできない」=15年来の同僚、カメラ手に涙−ジャーナリスト銃撃(時事通信)
「打倒!! 鳩山政権」保守系地方議員ら決起集会(産経新聞)
posted by ヨシザワ キヨハル at 05:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

<虐待>3歳児重体 暴行容疑で母を逮捕 博多(毎日新聞)

 福岡県警博多署は12日、3歳の次女をテーブルから床に突き落として意識不明となるけがをさせたとして、福岡市博多区の無職、山崎志穂容疑者(27)を暴行容疑で逮捕した。山崎容疑者は「テーブルの上に立っていたのでカッとなって押した」と容疑を認めているという。全身にやけどやあざもあったことから、同署は虐待が繰り返されていた疑いが強いとみて傷害容疑で調べる方針。

 意識不明となっているのは、山崎容疑者の次女の山本心結(みゆ)ちゃん。

 逮捕容疑は、11日午後10時10分ごろ、自宅でテーブルの上にいた心結ちゃんの背中を手で押し、35センチ下の畳に転落させたとしている。心結ちゃんは顔面を強く打ち、意識不明の重体。

 山崎容疑者は10分後「娘が意識がなく、呼吸もない」と自分で119番した。

 山崎容疑者は会社員の夫(31)と長女(7)、心結ちゃんとの4人暮らし。娘2人は山崎容疑者の連れ子で、山崎容疑者だけが夫の戸籍に入っていたという。

 近所の住民の話では、先月ごろから山崎容疑者の部屋から大きな声が聞こえるようになり、11日午後7時ごろにも山崎容疑者の怒鳴り声が響いていたという。今年1月の夕方には、心結ちゃんとみられる女児がパジャマ姿で部屋の前の廊下で泣いている姿も目撃されていた。心配した住民が山崎容疑者宅のチャイムを押しても反応がなかったという。【阿部周一、近松仁太郎】

<春の交通安全運動>交差点は気を付けて(毎日新聞)
阪大病院で輸血ミス、救急搬送の女性死亡(読売新聞)
NPO優遇税制拡充へ=税額控除導入など柱−政府税調(時事通信)
与謝野・平沼新党「小さく産んで大きく育てる」(読売新聞)
【教育】正義と勇気 「神話」が新鮮 来年度小学1、2年の国語教科書に(産経新聞)
posted by ヨシザワ キヨハル at 13:54| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

82歳男性が妻と心中か 世田谷区(産経新聞)

 5日午後1時10分ごろ、東京都世田谷区下馬の民家から「夫に刺された」と110番通報があった。警視庁世田谷署員が駆けつけたところ、同方に住む男性(82)と、妻の女性(78)が刃物で負傷しているのが見つかった。同署で詳しい状況を調べている。

 同署によると、女性は「(夫が)私の胸を刃物で刺したあと、自分自身の腹を刺した」と話している。2人は病院に搬送されており、同署は回復を待って詳しい事情を聴く。

【関連記事】
アパートで練炭心中か 年下男性の遺体に刺し傷
介護疲れで妻の首絞める 78歳夫を殺人未遂容疑で逮捕 兵庫県警
本当の笑顔はいつ…眞鍋かをりにみる芸能界の「光と影」
最愛の妻を手をかけた夫の苦悩 「老老介護」の悲劇
アパートで高齢夫婦が変死 岡山・倉敷

自首の男を殺人容疑で逮捕 大阪・天王寺のマンション刺殺事件(産経新聞)
写楽の傑作、35年ぶりにオークションに(産経新聞)
10府省会見で質問可能=フリー記者への開放状況−総務省調査(時事通信)
平沼新党、ネーミングは「たちあがれ日本」(読売新聞)
<力士暴行死>「減刑は残念」斉藤さんの父(毎日新聞)
posted by ヨシザワ キヨハル at 20:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。